calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

categories

archives

私の本棚

未婚夫婦の子供の親権に関して

未婚夫婦の子供の親権に関して

中国人の女性が日本人の子供を未婚状態で出産し、子供の国籍は中国のみ。なお、日本人男性は子供を認知しているものとします。
そして、二人が別れる際の親権の取り決めをする場合の話を以下記載しております。

まず、親子関係の法律関係に関しては、
「法の適用に関する通則法32条」をご参照ください。
「親子間の法律関係は、子の本国法が父又は母の本国法(父母の一方が死亡し、又は知れない場合にあっては、
他の一方の本国法)と同一である場合には、子の本国法により、
その他の場合には子の常居所地法による。」

とあります。
今回、子供の国籍は中国国籍ですので、
中国の法律が適用されます。

ここで、中国は、親子関係に関しては事実主義をとっており、
子供にとって、生まれれば自動的に、父母が親権を持つことになります。

そのため、今回の場合、法律上はどちらも親権者であり、
協議をして、どちらかだけにするなどはできません。

但し、日本の役所としては、奥様が親権者と認識されています。

そのため、仮に父親のみに親権を移すという手続きを市区町村役場でしない限り、
日本側では母親の単独親権とみられていると考えられます。

| 1/2PAGES | >>