calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

categories

archives

私の本棚

技能実習生の在留期間が最長6年間になる

オリンピックの影響というのはすごいな〜っと思います。

1つの制度自体、修正させてしまうのですから。

例えば、日本では原則肉体労働だけの仕事を外国人はすることができません。
(原則と書かせてもらったのは、もちろん、資格外活動許可の取得や身分関係に基づく日本人の配偶者等でしたら、肉体労働だけの仕事も可能です。)

ここで、肉体労働が可能な在留資格があります。
それが、「技能実習」という在留資格です。

制度の建前としては、日本の技術を自分の国に持って帰ってもらうのが目的ですが、
実際は、最低賃金ギリギリの賃金で「日本人が働かないいわゆる3K(汚い、危険、きつい)」をしてもらうための制度になっているように実態は見えます。

このたび、15年度から2年間増えて、5年間滞在を認めるという制度が1つできました。(もともど、技能実習生の在留資格で在留できる期間は、変更・更新を行って行っても、3年間なのが、現在の制度です。)

また、
例えば、以前溶接の仕事で技能実習生として来た方でも、
帰国後、1年未満であれば、2年。
そして、1年以上であれば3年の滞在期間を取得することができるようになりました。

いづれも在留資格は特定活動という在留資格です。

コメント
コメントする